ソース・ドレッシング

ロメスコソースの作り方 スペイン料理

ロメスコソースとは?

ロメスコソースは、スペイン カタルーニャ州タラゴナ県発祥のソースで、漁師たちが魚につけて食べていたと言われています。

タラゴナの農産物、アーモンド、ヘーゼルナッツ、オリーブオイルと大航海時代の16世紀に、南アメリカにたどり着いたスペイン人が持ち帰り、ヨーロッパに伝わったトマトとパプリカがベースになっています。

haraoでいうところの、炭焼き野菜に添えてあったり、水茄子と和えてたりする、オレンジ色のソースです。

よく、このオレンジ色のものは何ですか?って聞かれますね( ´∀` )
ロメスコソースです!!(^_-)-☆

是非、焼き鳥屋さんに採用してほしいですね!!

それでは材料を見てみましょう?

材料
  • 生アーモンド50g
  • Aピュアオイル180g(約200cc)
  • Aにんにく20g(約4~5片)
  • A鷹の爪少し
  • 赤パプリカ1個
  • 玉ねぎ120g(約1/2個)
  • トマトソース70g
  • ブラックペッパー、パプリカパウダー 適量

ロメスコソースの作り方

生アーモンドに火をいれる。

haraoでは生のアーモンドを、オーブンで焼いています。180℃8分です。

生アーモンドでなくても、ナッツ系なら代替できそうですね。

パプリカを焼いてむく

焼いたパプリカって美味しいですよね?

焼かないで作ったことありますが、水分が飛ばないからか、パプリカの旨味が足りない感じでしたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
以後、きちんと焼いています。

野菜をオイルで煮る

オリーブオイルに、にんにくと鷹の爪を入れ、香りを出し、玉ねぎ、パプリカ、アーモンドを煮ていきます。

トマトソースも投入します。

トマトソースがなければ、トマト缶や、生のトマトを使っているレシピもあるようですので、代替してみてください。

弱火で20分くらいでしょうか?全体的にくたっとするところまで火を入れています。

ミキサーで回す。

粗熱がとれたら、クイジナートで回します。

塩、ブラックペッパー、パプリカパウダー、で調味します。好みで大丈夫ですよ。

出来ました!!

まとめ

少し手間はかかるけど、旨味たっぷりで本当美味しいです。
洋風の胡麻だれ?ってかんじでしょうか?

  • カタルーニャの白ネギを真っ黒に焼いて食べる「カルソッツ」という料理に合わせるので、ネギとの相性は抜群です。
  • 茹で野菜、生野菜に和えてもおいしいです。
  • 肉なら白身が合います。鶏肉や、中でもササミは抜群に相性がいいと思います。

まだまだ美味しい組み合わせがあると思いますので、見つけたいと思います(‘◇’)ゞ

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^♪

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。