ソース・ドレッシング

簡単!オレンジソースとオレンジオイルの作り方

フルーツの甘めのソースは重宝しますね!

フルーツの甘めのソースは、お肉、サラダ、デザートと使いまわしがきくので重宝しますね。

ブルーベリーやリンゴ、キウイとかパイナップル、マンゴーとか桃とかフレッシュな果物で作るとよりリッチですが、

今回はジュースで簡単に作れるソースをご紹介します。

haraoですと、炭鴨(低温調理した後、炭で炙った鴨ロース)にかかっているソースです。

意外と、オレンジ!!と分からないみたいです。材料は3つだけです。

それと、風味だけほしい場合の、フレーバードオイルも簡単なのでオレンジオイルもご紹介します!

それでは材料を見てみましょう!

オレンジソースの材料
  • オレンジジュース500㎖(ストレートが好ましい)
  • バター20g
  • 醤油18g(大さじ1)

オレンジオイルの材料
  • オレンジ1個
  • オリーブオイル(ピュアオイル)

オレンジソースの作り方

オレンジソース

ジュースはストレートの方が好ましいですね!

全てのメーカーの濃縮還元ジュースを使ったわけではないのですが、バターが分離してしまいましたので。

小鍋にジュースを入れて、煮詰めていきます。吹きこぼれるので注意してくださいね。

ポコポコ弱火で、ジュースが1/3くらいの所で、分量のバターと醤油を入れています。

入れるタイミングに科学的根拠はありませんので、好みです。バターや醤油の量も好みです。塩でもいいと思いますよ!

どこまで煮詰めるかはポイントですねー!熱いときは緩くても、冷めると意外と固くなるのです。

僕は鍋肌をスプーンで掻いたときに、ワンテンポ遅れて筋が埋まるくらいです。

出来ました!!

オレンジオイル

フレーバードオイルは大体同じ作り方で行けると思います。

にんにくオイル、ローズマリーなどハーブオイルなど。

まず、オレンジを綺麗に洗って、皮を剝いていきます。出来るだけ白い部分が入らないように(苦くなりますので)薄くオレンジ色の皮を剥いていきます。

そして、ピュアオリーブオイル適量(写真は200㎖くらいです。)にいれて、皮がシュワーとするくらいでキープ、火を止めてもいいですね。それを繰り返す。焦がさないように。

好みの風味になったら完成です!!簡単でしょ( ´∀` )

エキストラバージンオイルは生食用というか、サラダや仕上げに使います。それだけで素晴らしい風味をもっていますから。

火を使うときはピュアオリーブオイルを使っています。

オレンジオイルは繊細です。鴨とも相性がよくフワッと香ります。オレンジソースにはない良さがありますが、香りや味の強い食材がくると負けちゃいますね。

オレンジオイルと組み合わせがいいのが桃!!です。

haraoの夏の定番!!桃と海老に使っています。このレシピもまた紹介しますねー。

冷たい桃とオレンジオイルだけでもいいくらいです!!

「桃と海老」haraoで人気の組み合わせオレンジ香る!桃と海老カッテージチーズ和え 夏!!真っ盛りですね。 今日はharaoで人気の桃レシピを紹介したいと思います。 ...

以上で、オレンジソース終わります。是非試してみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^♪

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。