春レシピ

ホタルイカのバーニャカウダ

バーニャカウダとは?

バーニャカウダはイタリア北部ピエモンテの郷土料理です。

にんにく、アンチョビ、オリーブオイルで作られるソースで「バーニャ」はソース、「カウダ」は熱いを意味する言葉です。

色んな作り方やアレンジを見てきました。にんにく、アンチョビがゴロゴロしていたり、しっかり乳化していたり。生クリームや味噌を加えたり、です。

今回のメニュー、ホタルイカのバーニャカウダはそのアレンジの中の一つです。蟹味噌のような濃厚な味わいで、ソースだけでもワインが進みますよー!

それでは材料を見てみましょう!

材料
  • ホタルイカ200g位
  • にんにく50g
  • 牛乳100~200㏄
  • オリーブオイル100㏄
  • アンチョビ10g
  • 白ワイン50㏄
  • 塩2gくらい


作り方

にんにくを牛乳で煮る。

一度水で煮こぼしてから牛乳で煮ています。

牛乳の成分はにんにくの臭みを和らげます。和らげなくていいなら水で煮ていいと思います。僕にとって、煮こぼして牛乳で煮る、は習慣になっていますね。串やお箸などで刺して柔らかくなったらOKです。

ホタルイカの掃除。

次に、ホタルイカの目をとり、軟骨を抜きます。目は簡単です。軟骨はこっち側のこの辺を骨抜きで挟んで、エイッと!言葉じゃ説明できなーい(笑)簡単ですよ。

ホタルイカを炒める。

分量をオイルでホタルイカとアンチョビを炒めます。この時に塩も入れています。思ったよりホタルイカは弾けますので気をつけてください。ある程度炒めたら白ワインを入れます。臭み消しなので白ワインがなければ酒でも構いません。

クイジナートで回す。

ホタルイカと煮たにんにくを合わせて、クイジナートで回します。粗熱が取れてから入れたほうがいいですね。なぜなら、熱いままいれてクイジナートの部品が欠けたことがありますので。

塩気やオイルの量はお好みで調整してください。


まとめ(ポイントと応用)

  • 冷たいままよりは少し温めたほうが風味がよいです。
  • にんにくとアンチョビ、オイルがあれば作れますし、決まった比率はありませんのでアレンジしやすいですね。
  • 煮た牛乳をそのまま使ってもクリーミーで美味しそう。その時は塩分調整してください。
  • ホタルイカに関して言えば、目と軟骨は口に当たるので取ったほうがいいです。

パスタやリゾットに入れても美味しそう!是非試してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。